平日・土曜 9:30~18:30、日曜・祝日 10:00~18:00
第2日曜日、年末年始、夏季休暇
2019年07月13日
ブログ

(根)抵当権抹消

賃貸物件でも所有者(貸主)がどなたか調べます。権利証(登記識別情報)を見てもわかりづらいので謄本(要約書)で確認します。

謄本は4つから表示されており

1.表題部 「どの不動産か」を特定

2.甲区 「誰がどのような権利を持っているか」を表示

3.乙区 「誰がどの不動産を担保にしているか」を表示

4.共同担保目録 「この不動産以外に担保としているものがあるか」を表示

今回は3について

特に根抵当権抹消は金融機関に伝えないとそのままです

(根)抵当権設定と記載されている場合、下線が引いてあるものは抹消済ですが

引いてない場合は①現在返済中。但し、残高は不明

②返済済。但し、抹消の手続きはしていない。と読み取れます。

抹消は司法書士に依頼あるいは、ご自身で金融機関からの書類と一緒に法務局に

提出しなければなりません。

必要な書類は解除証書・設定の登記済証・抹消の委任状(金融機関、司法書士とも)等。

今一度ご自身の謄本を確認してみてはいかがでしょうか。

arrow_upward