平日 9:30~18:00、土・日・祝日 10:00~17:00
第2日曜日、年末年始、夏季休暇
2016年11月22日
ブログ

地震発生直後

公益社団法人 宮城県宅地建物取引業協会が

作成した「震災対応マニュアル」の中で

記載してあります避難誘導について

お知らせしたいと思います。

 

1.身の安全を確保する

地震が発生したら、頭部を保護しながら、

身の安全を確保し揺れがおさまるのを待ちます。

また、鉄筋コンクリート造などの密閉性の

高い建物においては、ドア等を開けて必ず

出口を確保するようにして下さい。

2.万が一の火災発生時に備える

万が一出火したときは、天井に火が回る前なら

初期消火できる可能性がありますので、

平時から用意しておいた消火器を使用して

対応するようにします。

建物内に煙が充満してきた場合は、ハンカチや

タオルなどで口・鼻をしっかり覆い、

煙を吸わないように姿勢を低くして避難します。

3.避難誘導

揺れが落ち着いてから、落下物などに

注意するとともに、靴やスリッパ等をはいて

足裏を防護し、散乱物でキズを負わない

ようにします。

停電や断水の場合には、ガスや水道の元栓を閉め、

電気のブレーカーを下ろしてから避難する。

4.エレベーターの使用時は安全が確認できるまで使用禁止

揺れを感じたらすべての階のボタンを押して、

すみやかに止まった階で降りるようにします。

5.自動車で移動中に震災にあった場合はキーをつけたままに

車を置いて避難するときは、避難する人や

緊急車両の妨げにならない場所に移動し、

キーはつけたまま

その場合、連絡先がわかるメモなどを

残しておくとよいでしょう。

6.情報の収集

ラジオや防災無線などで情報収集に努め、

冷静に対応します。

 

そのときは覚えていても、

いざという時にうろ覚えでは困ります。

https://yasui-house.co.jp/

arrow_upward