平日・土曜 9:30~18:30、日曜・祝日 10:00~18:00
第2日曜日、年末年始、夏季休暇
2018年04月24日
ブログ

特定保守製品

売買物件で取り交わします「付帯設備表」の中に

特定保守製品の有無を記入する箇所があります。

特定保守製品とは消費者自身による点検が難しく、

経年劣化による重大事故のおそれが高い9品目を定めています。

対象製品の説明書には黄色系の目立つ色を使用した「所有者票」が同封されています。

経年劣化による製品事故を防止する

所有者登録を行う所有者票をメーカーに返送すれば

上記のような「リコールに関する重要なお知らせ」を最後の1台が判明(回収)するまで

TV、チラシで告知することはなくあるいは、製品事故を防止することが出来る

取り組みではないでしょうか。

arrow_upward