平日・土曜 9:30~18:30、日曜・祝日 10:00~18:00
第2日曜日、年末年始、夏季休暇
2017年11月10日
ブログ

数字いろいろ

相続後初めて借地権の更新が行われるので書類を見てもらいたいと相談に

いらっしゃいました。

その方曰く、両親が書類を溜めこんでいたので取捨選択するのに時間がかかり・・・

ですが、それぞれ違う数字が記入されていたとのこと。

確認しましたら、

土地の賃貸借契約書には 〇拾△坪◇合□勺

測量図には 〇.▽㎡(△.◎坪)

確認通知書には ◇.□㎡(□.☆坪)と全て異なる数字が記載してありました。

合意更新 or 法定更新


賃貸借契約書に記載してある数字が一番大きく、確認通知書のは一番小さい数字でした。

更新後は確認通知書記載の数字(有効宅地面積)で契約することをお勧めしました。40年も(今回2回目の更新)余分な地代を払っていたのでしょうかと肩を落としていました。

だからと言って更新料を払わないで法定更新をするよりは上記の点を更新料に考慮してもらい合意更新をした方が、法定更新よりも借地権を強化できますし、期限前に建物が朽廃したときは期間満了までは終了しないというメリットがあります。

今後建替える場合や譲渡する際にも地主の協力が必要なので良好な関係を保っていた方が得策だとお話しました。

arrow_upward